高校留学なら絶対ニュージーランド!

高校留学のお役立ち情報がいっぱい!

このサイトでは、ニュージーランドへ高校留学を考えている方のために日本の教育システムとの比較や学区の区切り方の違いや現地での学年は日本と同じ扱いになるのかなど幅広く紹介しています。
また、母国語が英語ではない人のために留学生を対象とした英語の授業であるESOLクラスも用意されているので、英語力が不安でも安心して勉学にはげむことができます。
観光学や経営学、健康人間学、接客サービス学、演劇など日本の高校では馴染みのない科目を学ぶこともできるので、この機会にいろいろと学んでみてはいかがでしょうか。

ニュージーランドへの高校留学前に日本の教育システムと比較

ニュージーランドへの高校留学前に日本の教育システムと比較 ニュージーランドへの高校留学を考えている場合、まず日本の教育システムを比較してみることが大切です。
日本では6歳から小学校へ入学し、中学、高校へと進学しますが、ニュージーランドでは、小学校から高校までの13年間の間ずっとyearと呼ばれる通し番号で呼ばれます。
ニュージーランドの高校システムは、学生のレベルや能力によって科目を選択することができます。
卒業後進路を考慮して、各学生が自由に学ぶたい教科を選択することができます。
学年は年齢で決まりますが、常に同じ学年の生徒と行動するという決まりがないため、苦手な教科は1つ下の学年で受講するなど学力に合わせて臨機応変な対応をすることが可能です。
高校留学の対象になるyear11以上になると各教科ごとに指定単位数を取得していく必要があるので、単位取得に関しては日本の高校よりも大学に近いイメージを持つと良いかもしれません。

ニュージーランドの高校留学、日本の学生生活との違い

ニュージーランドの高校留学、日本の学生生活との違い ニュージーランドの高校は、とても自由な校風なのが特徴です。
制服を指定されているところは多いですが、日本のように厳しい規則はなく、ヘアスタイルやメイク、持ち物なども自由です。
また、スマホやラップトップといったデバイスの持ち込みの規定もなく自由に使用することができます。
さらに、コンピュータを使用する授業が多く、紙媒体は多くはありません。
学校からの連絡等も、すべてメールで来るのが特徴です。
クラブ活動に関しても日本のように熱心ではなく、スポーツ系の場合は週に1度練習や試合をする程度です。
ホリディ中にトレーニングを行うクラブはほとんどなく、休暇中は休みになるのが一般的です。
ニュージーランドの高校留学ですが、地域によってかなりの差があります。
オークランドやクライストチャーチなどの大都市であればバスなどの公共交通機関が発達していますが、自然の多いエリアにいくと移動は車のみということもあります。
その一方で、自然の中のアクティビティが豊富で、高校留学中にいろいろな体験をすることも可能です。
トランピングやスキー、セーリング、カヤッキングなどの経験が日常的にできるのも、ニュージーランドに高校留学する醍醐味でしょう。

ニュージーランドのホームステイ先で楽しい高校留学生活を送るために

留学する際は、同じ高校留学生同士が住むのではなく、それぞれホームステイ先でお世話になることになります。ニュージーランドの方々はとてもフレンドリーで、暖かく迎え入れてくれます。お世話になるホームステイ先では、簡単な事柄でもいいので決まったお手伝いをしましょう。留学生はあくまでも「お客さん」ではなく「家族」として受け入れられます。高校留学生を受け入れ慣れている家族も多いので、当たり前のようにお手伝いを頼むママもいれば、そうでないママもいます。積極的に話しかけて何か一つお仕事をもらいましょう。週に一度は日本の料理を作るのも喜ばれます。ニュージーランドの家庭は、一般的に朝が早く夜は早々に就寝します。その代わり週末は夜遅くまでフリータイムを楽しむところが多いようです。ステイ先の家族と夜遅くまでお菓子を食べながら映画を見る時間は、人生でかけがえのないものとなるでしょう。そのかけがえのない時間を楽しく過ごすため、文化の違いの他、ステイ先のルールはしっかりと把握しなければなりません。

高校留学は大学のような専門分野が選択できるニュージーランドがおすすめ

高校留学は、高校生という多感な時期に留学をすることで多くの経験を得ることができます。教育システムで日本と大きく違うのは5歳から学校が始まり、高校一年生にあたるyear11まで義務教育となることです。ニュージーランドに留学する場合、英語力なども考慮して入る学年が決まります。したがって日本で高校2年生でもyear11に入る可能性もあります。ニュージーランドでは日本の大学で学んでいる一般教養や専門分野の基礎をyear11から学ぶことができます。高校留学で専門分野を学ぶことができるのが大きな特徴です。日本では高校生が専門的な分野を学ぶことは難しいですが、選択科目が多く、進路に合わせて法律学や経済学、観光額なども選ぶことができます。また、留学生の受け入れにとても力を入れています。日本のように英語を母国語としない国の留学生は、言葉の壁もありほかの生徒とコミュニケーションをとるのが難しいこともありますが、ほとんどの学校で英語教育を実施するクラスが提供されているので、安心して勉学に励むことができます。

高校留学について詳しく知りたい

ニュージーランドで最高の高校留学を

Copyright © 2020 高校留学なら絶対ニュージーランド! All Rights Reserved.